CAFICで行う心理支援

心理相談・カウンセリングとは
カウンセリングとは

「カウンセリングはカウンセラーが話を聞く以外にいったい何をするの?」

——こんな疑問をお持ちの方も多いかもしれません。
カウンセリングでは、相談に来られた方のお話から、現在抱えていらっしゃるお悩みの根っこ、つまり、その方の心理的に深いところにある未解決の問題やテーマを探っていきます。

カウンセリング担当

臨床心理士・公認心理師の資格を持ち、経験15年以上のカウンセラーが担当します。
詳しくは「カウンセリングの流れ」をご覧ください。

月・水・日曜担当:木附
火・金・土曜担当:梶原

心理療法など

クライエント中心療法」「家族療法」の考え方をベースに、適宜「認知行動療法」「芸術療法」など複数の技法を用いながら進めています。
これは、さまざまな考え方を取り入れながらおこなうので、「統合的心理療法」と呼ばれている方法です。

※心理療法についての詳しい説明はこちらをご覧ください。

また、当相談室のカウンセラーは、不登校、ひきこもり、DV被害者、虐待加害者、面会交流などの支援にも関わってきました。
‘個人のこころの問題’として取り組むだけでは難しい、環境・関係調整や他機関との連携などが必要なご相談にも応じることができます。

相談の進め方や方法などは、相談に来られる方お一人お一人に合わせて、話し合いながら決めていきますので、担当カウンセラーにご希望や質問など、お気軽にご相談ください。

専門相談

具体的な悩み・問題に絞って行うご相談です。各分野のエキスパートである相談員がZOOM/Skype/電話を使ったオンラインでご相談に乗ります。
カウンセリングのように、心の深いところにある未解決の問題やテーマを探っていくことはしませんので、今、目の前にある問題についての現状把握を助けたり、情報提供を行うことが中心になります。 

専門相談のご利用は2回までです。
3回目以降はカウンセリングのご利用をお勧めします。

※専門相談をご希望の方は、メールまたはお電話にてお問い合わせください。
※詳しくは「専門相談・講座」のページをご覧ください。

心理検査(知能検査)
  • WISC(ウィスク):対象年齢5歳~16歳11ヶ月
  • WAIS(ウェイス):対象年齢16歳以上

お子様の発達の偏りが心配な方、ご自身の能力の特徴を知りたいという方向けの検査です。
事前に検査をご希望される理由や、ご自身の特徴で気にかかっていることなどをお聞きした上で、実施いたします。

また、検査後は別日にフィードバックのお時間をお取りして、検査結果をどう活かしていくかについてアドバイスさせていただきます。
受けられた方があとで見返すことができるように結果を書面でもお渡ししています。

Posted by CAFIC池袋